Trivia美容の豆知識

毛が抜けるわけ(ヘアサイクル)

ヘアサイクル

毎日毎日少しずつ私たちの毛は抜けていきます。

抜け毛は1日平均50~70本といわれていますが、しばらくするとまた同じ毛穴から次の新しい毛が生えてきます。これは、毛の製造工場(毛乳頭)が何年かに1回休業するからです。工場が休めば製品(毛)は作れません。すると今までの毛とのつながりが無くなり、毛嚢が萎縮し、しばらくすると自然に毛は脱落します。

抜けた毛の毛根は尖端まで全部角化していますから、こん棒状になっています。伸び盛りの毛を無理に引き抜いた時の毛根の先端は、少しふくらんでいて軟らかく、まわりの組織(毛根鞘)をひきちぎって抜けてきますから、白いものが付いてきます。こうして今まで伸びていた毛が自然に抜ける頃には、毛乳頭は再び活動し始め、また次の新しい毛の芽が下の方で出来始めているのです。

1年のうち抜け毛が多いと言われているのが秋口です。理由は紫外線が一番強い春先の影響を秋以降に受けるからです。この時期の抜け毛はもう少し多くなりますがそういったことが原因ですので心配いりません。このように1本の毛が抜けて同じ穴から次の毛が生えてくるまでを「1毛周期(ヘアサイクル)」と言います。このヘアサイクルは普通「男性で3~5年、女性で4~6年」と言われています。

毛髪の構造

1本の毛の構造

目で見れば、一本の糸のような毛も顕微鏡で拡大すると実に複雑な形をしています。

毛表皮(キューティクル)

外側を囲んでいる毛表皮(キューティクル)は毛の中で一番丈夫なケラチン(たんぱく質の一種)で、パーマ液などの薬品に対する抵抗力もかなりありますが、一方摩擦には弱く乱暴なブラッシングなどで傷ついたり剥れたりします。毛表皮が剥れると毛は外側の壁がなくなったようなものですから、それだけ弱くなってしまいます。

毛皮質(コルテックス)

中身の部分は毛皮質(コルテックス)と呼ばれ、ここには小さなケラチン繊維がいっぱいつまった紡錘状、或いは葉巻状の皮質細胞が縦にならんでぎっしりつまっています。細胞といっても、もと細胞だった、というだけで繊維の集合体といってもよいでしょう。

毛髄質(メデュラ)

毛の中心には毛髄質(メデュラ)と呼ばれる部分が芯のように存在していますが、細い毛には所々なくなっていたり、全くない毛もあります。

シャンプーの仕方

シャンプーを正しく行うことで髪の痛みを防ぐとともに頭皮に良い環境を作り、それにより質の良い髪の毛が育ちます。

01 よび洗い

まず、しっかりとしつこいぐらい濡らします。この『よび洗い』で髪の汚れの5割~7割は落ちると言われています。その結果、使用するシャンプー剤の量も少なくて済みますし、髪や頭皮のためにもしっかりと濡らしてください。

02 シャンプー

シャンプーは髪の汚れを落とすものですが、それ以上に頭皮を綺麗にすることの方が大切です。(髪の汚れは流れる泡で充分に落ちます。)
毛穴の汚れを落とすつもりで軽くマッサージをしながら優しく洗って下さい。髪が長い場合も頭皮を中心に洗います。毎日洗っている方は、2度洗いする必要はありません。

03 すすぎ

頭皮を中心に01の「よび洗い」以上にしつこいくらいしっかりとすすぎましょう。

04 リンス or トリートメント

リンスもトリートメントもシャンプーとは違い毛先の方につけます。リンスは髪の表面に付着しブラシの通りを良くするものなのですぐに流してもかまいませんが、トリートメントはタンパク質が多く含まれていて髪の修復を目的としています。蒸しタオルを使い5~10分時間を置くと更に効果が上がります。 

05 すすぎ

シャンプーのすすぎの時と同様にしっかりとすすぎます。特にトリートメントをご使用の方はリンス以上にすすいで下さい。蒸しタオルを使用したことで必要成分はしっかりと髪の内部に浸透していますので、余分なタンパク質は充分に流さないとフケやかゆみの原因になります。

参考資料:「ヘアケアの科学」大門一夫 著(JBCアカデミー本部)

美容室コロナ

美容室コロナ